• このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の7月7日は”七夕の日“。
日本では織姫と彦星の伝説が有名ですね。
ついつい曇っていても、天の川が見えるかな、と空を見上げてしまうこの日。

きれいな星空は、魔界とつながっているのかも…?と、少しドキドキします。

満点の星空をみたら、思い出すのはこのお話。
ショコラとバニラがまだ魔界にいた頃。
お昼寝の時間にこっそりと抜け出した二人は、不思議な星空の中で…。

2016-07-10 19.34.32

2016-07-10 21.25.56

2016-07-10 19.35.07

2016-07-10 19.35.29

小さい頃、”星を食べてみたい!”と思ったこと、ありませんか?
星細工師たちが、ひとつひとつ星を切り取っている魔界の星空。
食べたら、体から星が出てきてしまう、というおそろしいことに…。

このミニ漫画は『シュガシュガルーン』単行本5巻の巻末に収録されています。
書店では手に入りにくくなっておりますが、電子版でしたらこちらからどうぞ

一覧に戻る
ページトップへ