• このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに…ついに!オフィシャルサイトがオープンしたシュガシュガルーン。このサイトの1番の見どころはなんといっても、フルカラーで復活したシュガルン!

モノクロだった物語が、こんなに鮮やかになりました!!

sugar_color

ご覧ください、シナモンの秘密の手帳も、こんなにカラフルに!細かなインテリアも1つ1つ心を込めて色が塗られています…♡(まだ読んでいない方は、こちらからぜひごゆっくりどうぞ

そんなシュガルンがはじまったのは、2003年。もう12年も前のことなんです。つまり、連載が始まった頃にショコラたちと同じ10歳だった少女は、もう22歳になっているということ!だから今日は、大人になったみなさんに向けて、シュガルンの裏話をちょっぴりお伝えしましょう。

安野モヨコ初めての少女向け作品『シュガシュガルーン』

1989年のデビュー以降、理想の恋人を求めて葛藤する25歳女性を描いた『ハッピー・マニア』や、恋人を親友に取られてダイエットに明け暮れる『脂肪と言う名の服を着て』、そしてモテない男子がエステに通ったりと自分磨きに勤しむ『花とみつばち』などの作品を生み出してきた、安野モヨコ。

時にはキラキラ、時にはドロドロ。恋するオトナに「わかるわかる!」と共感されるような物語を描き続けていました。

そんな安野モヨコに、あの少女向け雑誌「なかよし」からの連載相談が。もちろん読んでくれるのは、今までの読者よりも若い子どもたちです。

子どもの頃に触れるものは、とってもとっても刺激的。だからこそ、可愛くって、ファンタジックで、それでいて実は子どもたちを素敵な大人に導いていけるような、そんなものを描きたい。それが、安野モヨコの強い想いでした。

だからシュガシュガルーンには、「めんどくさいなぁ」「こんなの簡単でしょ」って思っていたことをやり遂げていくショコラたちの姿が描かれています。

掃除をサボるショコラ

掃除をサボるショコラ(1巻より)

大地の魔女アンブルのスパルタ教育を受けるショコラ

大地の魔女アンブルのスパルタ教育を受けるショコラ(5巻より)

マジカル・ラブ・ファンタジーとして、恋のときめきが描かれるシュガシュガルーン。でも実は、ロビンやアンブル、親友のバニラ、萌黄学園のクラスメイトたちなど、たくさんの周囲の人たちと接しながら一人前の魔女に成長するショコラの心理描写も、シュガルンの見どころであり、安野モヨコが少女たちに贈りたかったメッセージでもあるのです。

男の子からラブを奪う、ショコラたちの葛藤

主役のショコラとバニラはライバル。でも、決して殴り合いの喧嘩をするわけではありません(笑)。

二人が勝負するのは、男の子たちからの恋するハートをいくつ奪えるか? というところ。

「まぁ、何も知らない男の子をもてあそぶなんてヒドイ!」という声も聞こえてきそうですが、実はショコラたちも思い悩んでいるのです。

「男の子からハートを奪ってしまったら、その子が私を好きな気持ちは消えてしまう……。」

ラブの気持ちが大きければ大きいほど、ぽっかりと感じる寂しさも大きくなるのです。

でも、恋をしてはいけないのが魔女の掟。もし人間に恋をしてしまうと、使い魔に姿を変えられてしまいます。万が一魔法使いにハートを奪われると……?そう。永遠に魂をなくしてしまいます。

そんな運命にある、二人のラブの行方は……?

これから毎月更新していくフルカラーバージョンでぜひお楽しみください。(「更新が待ちきれない!」という方は、こちらからモノクロ版をご購入いただけますよ!

大人になったシュガルンファンのみなさんにお願い

大人になってから読んでも新しい魅力が湧き出てくるし、そしてもちろん、子どもにも安心して読んでもらえるシュガシュガルーン。そこで、この記事を読んでくださっている、元祖シュガルンファンのみなさんにお願いです!

あなたの周りにいる小さなお友達にも、この小さな魔女たちの物語をぜひ、教えてあげてください。彼女たちの純粋な心にも、ピンクのハートが灯るかもしれません。きっと、素敵なクリスマス・プレゼントになるはず…♡

それでは、最後まで読んでくださってありがとうございました。みなさんにとって素敵な夜になりますように。メリー・クリスマス!(スタッフ・舞)

furokuP15(0402furoku)

一覧に戻る
ページトップへ